携帯を急に手放さなくなった妻は、浮気していた…情けなくなり離婚へ向かう

私は37歳で、妻は27歳です。結婚9年目で、子供は2人います。2人とも男の子で上が小学校4年生、下は幼稚園の年長さんです。私が妻の浮気に気づいたきっかけは、妻の行動でした。

お風呂場からなかなか出てこない妻。しびれを切らし、突然扉を開けてみる

私達夫婦はオープンなほうで、今までは携帯も家の中のテーブルにおきっぱなしでした。なので、私の携帯を妻が使用しようが、私が妻の携帯を使用しても、お互い気にもしていませんでした。

しかし、つい最近、妻が家事などをするときでも携帯を手放さなくなったのです。分かりやすいですよね。始めはゲームにはまっているという言葉を信じていたのですが、お風呂場にまでもっていく妻に、不信感を抱き始めたのです。

結婚も9年目ですし、放っておいたのですが、ある日あまりにもお風呂から上がってこない妻に痺れを切らし、お風呂場に行きました。静かに行ったため、私に扉を開けられた妻は逆ギレしました。

しかし、私は冷静に言いました。「お風呂場にまで携帯を持ち込んで一体何をしているんだ?やましいことがないなら携帯を見せてみろ。」始めは渋っていた妻でしたが、観念したのか、携帯を私に手渡しました。

妻の浮気相手は、子どもの同級生の父親。すぐに電話で呼び出すことに

携帯の画面は、ラインでのやりとりの最中でした。その内容は見るに耐えない内容でした。何度も会っては体の関係にあったこと。その相手が下の子の同級生の父親であったこと。ちなみにその人は、私も顔見知りの方でした。怒りというよりも、私は情けなくなりました。

普通なら怒鳴り散らしてやるところなのでしょうが、私は妻に言いました。「相手の方の電話番号を教えろ」と。妻は泣きながら謝っていましたが、番号を聞き出し、すぐに相手に電話しました。

妻の浮気相手はとにかくビックリした様子で、「なんとか自分の妻には内緒にしてほしい、気が済むまで殴って下さい。もう二度と奥様とは関わりません」と懇願してきました。しかし、私は許しませんでした。

浮気相手の自宅でお互いに謝罪し合い、離婚や慰謝料の話を進める

浮気相手の男性も観念し、後日話し合いのため、相手のお宅へと行きました。とにかく相手夫婦は土下座で、私の妻も同様に土下座しました。私も相手の奥さんには謝罪しました。相手の奥さんは被害者ですからね…。

私は淡々と話をすすめました。「妻と離婚する、あなたの旦那さんと妻には、慰謝料の請求をします」と。相手方も相当話し合ったらしく、私同様に離婚、慰謝料の請求で話はまとっていたようでした。

私の妻の両親にも話は通していましたので、妻は何も言いませんでした。同情するつもりもありませんでした。現在、離婚に向け進行中です。これが私が体験した体験談になります。