単身赴任を始めて1年。家内は触られるのを嫌がるようになり、様子がおかしい

私が家内の行動やしぐさで浮気を疑いだしたのは、単身赴任を始めてから1年が経ったころでした。子供もそこそこ大きくなっていました。結婚当初から非常に仲もよく、お互い40歳に近づいていながら、夜の生活もそれなりにあった方だと思います。

結婚前からずっと、ラブラブだったのに…何故か家内はスキンシップを拒否

単身赴任してからは「毎月1回しか会えないから、逆に燃えるね」なんていい年をして語っていたこともあったくらいです。こんな調子なので、早く単身赴任を解消して家に戻りたいなあと思っていた矢先、少しずつ雲行きが怪しくなってきたのです。

私が単身赴任から自宅に戻った際に、会話などは問題ないのですが、家内はちょっとしたスキンシップも極端に嫌がるようになったのです。手を触る、肩に触れる、お尻に手が当たるといったちょっとしたことです。

はっきり言って、結婚する前も結婚したあともこんなことは全くなかったので、少し怪しいなと思わざるをえません。子供たちの前でもスキンシップを嫌がらなかったほどですから。最初はちょっとしたセックスレスの症状かと思ったのです。

夫婦共通の友人に家内のことを相談すると、好きな男性がいるようだ

正直、かなり不信感を持ちました。家内は「何となくそんな気になれない」とだけ言い放つのですが、わたしは無性に気になるのです。そして、夫婦で仲の良い友人にちょっと相談してみました。近所に住んでいるので私たちのことももちろん、よく知っています。

友人には、1ヶ月程度家内の様子を客観的に見てもらいました。すると結果的にこれはよかったのかどうか。家内には好きな男性がいそうだということが発覚しました。しかし、家内の一方的な憧れに過ぎず、浮気はまずないというのが報告でした。

家内はバイト仲間に片思い。でも、その男が仕事を辞めたから恋も終わり

要は、アルバイトを始めたファミリーレストランで、自分よりも一回り年下の男性に対する目線がおかしいというわけです。もちろん、男性の方は家内のそんな気持ちも知らず、気にもかけていないということでしたが。

正直、浮気や不倫ではなくて良かったというべきか、それよりももっと重症というべきかと思いました。友人の夫婦が言うには「彼女の気持ちは一過性のものだし、相手からもまずはお誘いがあるわけではなさそうだから放っておいてあげたら」といわれました。

しかし、いざ自分のこととなれば気が気でありません。そうこうしているうちに、家内もそのアルバイトを辞めていました。理由は明白。お目当ての男性が辞めたからです。私はちょっとほっとしつつも、本当に妻の浮気はなかったのだろうかといまだに疑っています。