結婚10年で妻の浮気発覚。あっけなく離婚が成立するも、人間不信に陥る

私は今から4年程前に2回目の結婚をし、子供にも恵まれて幸せに暮らしています。1回目の結婚は、私が22歳、元妻が25歳の時にしました。それはまるで、今の生活が嘘かのような辛い日々だったのです。

妻がパート勤めを始めてから家事をしなくなり、友人と遊びに出るように

元妻との結婚生活は約10年でした。彼女が働き始めるまでの5年間は、喧嘩もせず大変仲が良かったです。当時、家を購入する方向で話し合っており、二人で頑張って働き、頭金を貯めようということになりました。

元妻が始めた仕事というのは、プラスチック加工工場でフルタイムのパートでした。たまに残業もあり、時には私より帰りが遅い時もありました。そんな彼女の姿を見ていた私は、助けになればと晩御飯を作ったり、洗濯をしてみたりしました。すると、彼女も喜んでくれていたのです。

ところがそれも慣れてきたのか、段々私が家事をすることが当たり前のようになりました。元妻の方が早く帰宅している時でも、晩御飯を作らないどころか、休日も家事をしなくなってしまったのです。

休日はほぼ毎週、友人と遊びに出かけるようになりました。出かけるのは、当然女の友人だと思っていました。さすがに私も、当時仕事で遅くなる時も増え、疲れもあってかそんな元妻の姿を見て文句を言うようになりました。ささいなことで喧嘩が増えていったのです。

自宅近くの車内で、妻と浮気相手を発見。愛情が急激にサーッと冷める

ある休日の朝、その日は不思議と早く目が覚め、釣りに行こうと思って出かけました。すると、道中の山道が通行止めになっており、仕方なく諦めて帰宅することにしました。帰宅前に自宅近くの公園の自動販売機で、コーヒーを購入した時のことです。

ふと停まっている車に目をやると、中には私と同い年くらいの男性が一人乗っていました。そして、向こう側から駆け足でやってくる一人の女性が、私の元妻だったのです。結婚生活10年目の記念日目前の出来事でした。

信じてきた10年間が、私の中で崩れ落ちていく感覚と同時に、元妻への愛情がサーッとさめていったのを今でもはっきり覚えています。それからは話は淡々と進み、あっけなく離婚成立。唯一の救いは、子供がいなかったことです。

妻と離婚してから飲み屋通い。そこでの出会いで前向きな気力を取り戻す

しかし離婚してから1年は、誰も信じることができず人間不信になってしまいました。そんな私が前向きになるためにとったことは、仕事帰りに飲み屋に立ち寄ることでした。その飲み屋はうるさくなく、女性一人でも来たりする雰囲気の良い店でした。

そのお店は、たわいもない会話に花を咲かせ、気付けば自分らしくいられる、人間不信をとっぱらってくれる場所となったのです。そこで皆と話をしていると、苦労の波を乗り越えてきた人達なんだと分かり始めました。

私は、その飲み屋で気力を養い、前向きに生きていこうという気持ちに変わっていったのです。お酒は一歩間違えば取り返しがつかなくなり危険な物です。しかしうまく付き合えば、私のように大きく気持ちを変化させ、自分の背中を押してくれる物にもなります。

苦労や辛いことがあっても、自分一人だけが経験しているのではありません。誰しもがなんらかの壁を乗り越えているんだと、考えられるようになりました。今ではそれがプラス思考の要因になっています。幸せな生活があるのも、今思うとあの苦労の波を乗り越えれたからなのかなぁと思います。